記事一覧

「第3の矢は悪魔を倒す」 居心地の悪さを感じる妙な表現、外資や外人の方が私にとっては悪魔。

「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿
産経新聞 6月30日(月)9時0分配信

ロンドン=内藤泰朗】安倍晋三首相は30日付の英紙フィナンシャル・タイムズに、「私の『第3の矢』は日本経済の悪魔を倒す」と題した論文を寄稿し、経済再建なしに財政の健全化はあり得ないと述べて、日本経済の構造改革を断行する考えを表明した。

 首相はまず、改革の例として今年、法人税率を2・4%引き下げたほか、数年で20%台に減らすことを明らかにし、「それは成長を助け、外資を呼び込むことになる」と強調。規制の撤廃のほか、エネルギー農業医療分野外資に開放することを言明した。

 さらに、今年4月の消費税増税でも、「影響は限定的だ」として、少子高齢化社会で経済成長を続けられるか否かについては「すべての国民の協力」と、「女性の社会進出」が重要だとして、「働く母親のために家事を担う外国人労働者の雇用を可能にする」と約束した。

 欧米諸国では、安倍首相が打ち出した「アベノミクス第3の矢」の成長戦略に対し、懐疑的な見方も出てきており、議論を呼ぶことになりそうだ。←引用


最初見た時にすごい違和感あったのですが、今日三橋貴明さんのブログを読んでみて、その気持ちを上手くまとめて書いてくれていました。ご存知の方多いと思いますが、こちらです。
「私の第3の矢は悪魔を倒す」考 

そもそも「3本の矢」を持ち出した時から変だと思っていました。
「3本の矢」とは、毛利元就が3人の子供に対して、1本の矢では簡単に折れてしまうが3本の矢では折れにくいことから、一族の結束を説いたものと聞いています。

官邸のHPには以下のように3本の矢を説明しています。

「どれだけ真面目に働いても暮らしがよくならない」という日本経済の課題を克服するため、安倍政権は、「デフレ※からの脱却」と「富の拡大」を目指しています。
これらを実現する経済政策が、アベノミクス「3本の矢」です。

3本の矢


こんな絵はどうとでも描けますよ。ちなみに私が描くとこんな感じです。

三本の矢

耳触りの良い言葉に惑わされてはいけないと思います。
今回は耳触りも良くないですが・・・・rabbit*ハァ*

もう少し想像力を働かせて政府がやっていることの先にどういう未来があるのか?
そこでの自分の立ち位置はどこか?
自分で考えてみてください。考える人

関連記事
スポンサーサイト

コメント

2. Re:無題

>orangeさん
コメントありがとうございます。

本当にそうですよね。
なんでも外資っておかしいです。別に途上国みたいに困っているわけでもないのに、何で日本人が培って育ててきたものを外国にくれてやるんでしょうか?頭に来ます!
(#`ε´#)

女性の社会進出もおっしゃる通りですね。

あと家族の絆とか地域の目とか、そういう日本社会の結びつきを破壊したいんだと思います。
(#`ε´#)

1. 無題

エネルギー、農業、医療分野では、単に民間に開放すれば良いような気がします。外資への開放は必要ないと思います。

あと、女性の社会進出は結果として少子化を進めてしまうのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク