FC2ブログ

記事一覧

英国 ロッチデール:白人の若者が自国で移民に「ろくでなしの白人」と罵られ手首を切断される

この事件は多発する、元からいた住民、白人へのヘイトクライムの1つです。

事件のあったマンチェスター北にあるロッチデールはこの後も白人の青年を襲うヘイトクライム事件があり、そちらも別の機会に紹介します。

 

ダイヤグリーン

 

グレーター・マンチェスターにあるロッチデール(Rochdale)で2017年10月17日おぞましい事件が起き、その裁判がありました。

 

レイシスト移民20人が白人青年4人を襲撃して大けがを負わせ、うち一人は手首を切断された事件です。

 

ことの発端はHabibur Rahman(27)という家族が経営するレストランでマネージャーをしている男が、道路上での高齢女性の運転に腹を立てて彼女に対して罵ったことから始まりました。

 

たまたま通りかかった樹医(木のお医者さん)2人が仲介したことからRahmanと1人の樹医が喧嘩になりました。

これをRahmanは自分のテリトリー内での無礼な行為とみなし、すぐに仕返しをすると決めました

 

兄であるZillur Rahmanはギャング仲間を招集して襲撃の準備をしました。その数20人です。

彼らは、斧、ナイフ、マチェーテ、クローハンマー、ナックルダスター(拳にはめて打撃力を強化するための武器)で武装して集合しました。

 

  

右上矢印左から Habibur Rahman(27)  Zillur Rahman(29)

 

Rahmanは戻る2人の樹医の後をつけ仕事現場を突き止め、合計4人の樹医が片付けて帰ろうとするところを車で塞いで逃げられないようにしました。そして攻撃が始まりました。

 

Rahmanは取り調べで4人の樹医から人種差別の脅迫をされたと言いましたが、裁判ででたらめな嘘とされました。

事実は、Rahmanが4人の樹医に対して ‘white bastards’と言ったのです。

 

襲撃者のうちの1人Mohammed Awais Sajidは 'Skinny'と呼ばれた男で、斧で武装していました。

彼は車でやってきて武器をウエストバンドに隠し、仲裁していたとみられる一番若い樹医に突如素早い連続攻撃を仕掛けたのです。

名前が公表されていない当時18歳のその被害者の樹医は、最初に胸を攻撃され肋骨が砕けて肺が潰されました。

2度目の攻撃でSajidは破壊力を高めるために腕を360度回して頭を狙いました。

被害者は血が滴り朦朧とする中体を回転して逃げようとしました。そして斧から頭を守ろうと手を上げたところ斧で手首を切断されました。

 

この恐ろしい襲撃は樹医の1人がチェーンソーのエンジンをかけて威嚇したことで終わりました。

被害者の1人は近くの介護センターに逃げ込み救急要請をしました。

 

18歳の樹医は空輸され救命手術を受けました。

2年間のうちに5回の手術を受けて手首が部分的に繋がりましたが、6割しか動きは回復できないだろうということです。(写真下)

 

Mohammed Awais Sajidは18年の刑務所行きとなりましたが、先の裁判で既に殺人未遂では無罪となっています。

 

Habibur Rahman(27)はナックルダスターを使って1人の顔面を殴り鼻を骨折させました。

彼は4年半の刑務所行きです。

兄のZillur Rahman(29)は3年の刑務所行き、Arsan Ali(23)は4年の刑務所行きとなりました。

 

この件で2018年1月に12人が逮捕されましたが、9人は後に釈放されました。

 

Potter判事は、2度の裁判を通して、証拠提出を拒否し続け、良心の呵責の片鱗も見られなかったと述べました。

 

警察はMohammed Awais Sajidの写真を公表しません。

 

 

The road rage row that turned a Rochdale street into a battleground as mob set upon teenage tree surgeon... he had his hand severed by axe  

18 OCT 2019 Manchester Evening News
 
ダイヤグリーン
 
血縁、民族、縄張り意識などを持ち込む第三世界の移民は多様性ではなく単なる脅威です。
 
男女平等で同権ですが、男性が負ける集団は滅びるというのが私の持論です。
その自国民の男性を西側諸国(日本も含む)は自ら虐げて痛めつけ弱らせています。
そこに男社会の掟を捨てない移民をどんどん入れているのです。
英国では一番悪いのがゴロツキの移民ではなく白人男性となっているようです。
 
ロンドンのタワーハムレット(最初のムスリム行政長を出した行政区)では不正疑惑を調査していた調査官が「白人である」ことを理由に解雇されたり、エジンバラ大学が白人の発言を禁じた「反差別主義会議」を主催したり、次の動画のように白人男性がレイシストであるかのようなヘイトクライム通報奨励キャンペーンを行ったりして、異常な事態になっています。
そういえば、サディク・カーン市長も交通局に白人が多すぎると言っていましたね。
 
原始的というか本能的な能力に長けた移民を甘く見てはいけません。
強盗、乗っ取り、何をするにも男は邪魔なのです。最初に痛めつけられるか殺されます。
「男さえ始末すれば何とでもなる、女はチョロイ」 私にはそう感じているように見えます。
 
 

 

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター