記事一覧

河野「談合」検証でわかったこと。日本は証拠や根拠がなくても謝罪と賠償を繰り返す国だということ。

河野談話の検証結果が出ました。
以下に記事を掲載します。この件では産経の阿比留記者はよく書いてくれているように感じます。

河野氏の独断が災いの種蒔く
2014.6.21 00:54 産経

河野談話を検証する有識者チームの報告書により、20年以上も国民の目から隠されてきた談話の実態が白日の下にさらされた意義は大きい。産経新聞が繰り返し報じてきたとおり、談話は歴史の厳密な事実関係よりも、強制性の認定を求める韓国側への政治的配慮に基づき日韓両国がすり合わせて合作していた。また、当時の河野洋平官房長官が政府の共通認識を踏み外し、独断的に「強制連行」を認めてしまったことも改めて確認された。

 報告書は、政府が実施した関係省庁や米国立公文書館の文書調査、旧軍関係者や元慰安所経営者からの聞き取り、韓国の元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」の慰安婦証言集の分析などを通じ、こう結論付けている。

 「(政府の)一連の調査を通じて得られた認識は、いわゆる『強制連行』は確認できないというもの」

 その上で報告書は、平成5年8月4日の談話発表時の河野氏による記者会見について、1つの章を設けてこう特記している。

 「(河野氏は)強制連行の事実があったという認識なのかと問われ、『そういう事実があったと。結構です』と述べている」

 これについて、現在の政府高官は「それまで政府は強制連行は証拠がないという一線を守っていた。それなのに、河野氏の発言で強制連行説が独り歩きすることになった。完全な失敗だ」と指摘する。実際、河野談話には「強制連行」という文言は出てこない。

地位ある政治家の単なる失言か確信犯的な放言か。いずれにせよ、不用意な発言で後世に災いの種をまいた瞬間だったといえよう。

 また報告書は、今年2月に国会で河野談話について証言して談話検証のきっかけとなった当時官房副長官の石原信雄氏が、慰安婦全体への強制性認定を求める韓国側に対し、こう拒否したことも記している。

 「慰安婦全体について『強制性』があったとは絶対に言えない」

 ところが、報告書によると河野談話は日韓間のすり合わせの結果、最終的に「募集、移送、管理等も甘言、強圧によるなど、総じて本人たちの意思に反して行われた」という表記に落ち着いた。

 この「全体」とも「おおむね」ともどちらとも解釈できる「総じて」という玉虫色の言葉は、当然のことながら韓国側では「全体」と受けとめられることになった。この間の事情も、趙(チョ)世暎(セヨン)・元韓国外務省東北アジア局長の産経新聞に対する次の証言と符合する。

 「韓国側から『こうした表現ならば大丈夫ではないか』と意思表示した」(17日付紙面で既報)

 韓国側は、日本側が河野談話の一部修正に応じなければ「韓国政府としてはポジティブに評価できない」とも通告しており、韓国ペースで最終調整が行われていたことも分かる。

また、こうしたすり合わせについて、日本側から韓国側に「マスコミに一切出さないようにすべきであろう」と申し入れ、韓国が了解したというエピソードも重要だ。河野氏をはじめ政府はその後、すり合わせの事実を繰り返し否定し、国民を欺いていたからだ。

 ただ、報告書は個々の事例や事実関係への評価は避けており、物足りなさも否めない。チームのメンバーの一人は「報告書の作成過程で、情報を提供する側の外務省は一貫して『穏便に、穏健に』という意向だった」と振り返る。

 政府の公式見解ではなく、民間の有識者チームの検証結果報告という形をとってもなお、なるべく波風を立てたくないとの配慮が働いている。日本外交の宿痾(しゅくあ)だろう。(阿比留瑠比)←引用


自民党全体を敵にすると、戦略上よくないので、河野洋平に的を絞って書いているように思いました。目的が政府攻撃ではなくて、日本人を貶め害を及ぼしている河野談話の信頼性がないことを世に知らしめて、この日本人を苦しめているねつ造を何とか潰したいという気持ちが、今までもこの記者の記事から感じられます。

しかし、これは河野洋平一人の責任では済まされないということも理解できます。
「強制連行があった」とする河野洋平の勝手な個人的見解を撤回させるか、しないなら自民党から除名して別の人間が発言を公式に取り消すなど、いままでにやることはいろいろとあったはずなのです。

米国での慰安婦像事件やフランスの漫画際事件、数々の世界中に広められたねつ造慰安婦プロパガンダによる日本・日本人への心身両面への被害を考えると、河野洋平はシ刑でもいいくらいの大罪人です。
河野洋平を罰しないことは彼の嘘を政府も黙認している状態にあると言えます。

政府が庇っているので、彼は益々調子に乗ってこんなことも言っています。

「慰安婦に強制性あった」 河野氏、談話の意義強調
産経新聞 6月22日(日)7時55分配信

河野洋平元官房長官は21日、山口市内で講演し、平成5年に自らが発表した官房長官談話(河野談話)に関する検証報告書について「報告書には引くべき所も足すべき所もない。すべて正しい。日韓関係を良好なものにするために談話を出した」と述べた。

 慰安婦募集での日本軍の強制性については「当時、軍に慰安所があったのは事実だ。慰安婦の中には自分の意思で来た人もいるかもしれないが、中に入ってしまえば軍の命令には逆らえない。そうした意味での強制性があった」と反論。「『昔はよその国もやっていた』と口にするのは卑怯(ひきょう)なことだ」とも述べた。

 談話を作成した理由についても「資料や関係者の話はもとより、被害者である従軍慰安婦本人の口から当時の話を聞き、日本は反省しなければならないと感じた。官房長官として日本をおとしめるわけがない」と述べた。←引用

最初に言いますが、卑怯なのは、河野洋平あなたです。
「昔はどこでもやっていた」と言うことは卑怯ではありません。これは事実です。人身売買は今も世界中にあります。もちろん韓国は売春婦や奴隷が今もいて日本より人権意識の低い国です。

そのような下劣な韓国から、日本だけ70年前のことをそれも賠償と謝罪をしても執拗に言われ続けることが異常であり、別の意図(日本を貶める戦略)があると判断するのが普通の感覚だと思います。
どうして卑怯なのか理由も示さずに、事実を述べる人の言論を封じるようにレッテルをはり卑怯者呼ばわりする河野洋平こそ、論理的な反論ができない卑怯者です。国賊です。はこ怒る

「自分の意志できたが、軍に入れば命令に逆らえない」、これを強制といいますか?
詭弁もいいところです。

強制連行と言っています。連行っていうのは連れていくことです。
軍に来るまでの過程を指しています。
韓国は、売春自体ではなく強制連行を問題にしているのですから、このいい加減な詭弁がどれほどの害悪をもたらしているのか、河野洋平は日本語が不自由なのでしょうか?

「強制連行」が問題となっているのに、それをはぐらかすために「軍の強制性」という言葉を作り出し、論点をずらしてしまうのは朝日毎日の売国メディアと同じ手法です。

自分の間違いを訂正も謝罪もせず、正当化する河野洋平は次々と論点をずらし自己保身に走る筋金入りの「卑怯者と言えます。

ところで、政府は今回の検証で何がしたかったのでしょうか?
「河野談話は事実は二の次で、韓国との合作で作り上げました。だから河野談話は継承するけど信憑性はないんです。そこのところを汲んでください。

こんなわかりにくい面倒くさい話、誰も聞かないよ!?*
もういい加減玉虫色の解決策というのはないということを知らないといけません。
グローバル化グローバル化と叫ぶ割には、一番大事な日本の外交がローカルですよ!パンダ残念
日本でしか通用しません。

検証していい加減だったなら、それをもとに新しい談話を出さないといけません。
今回の検証結果を出しながら、河野談話を継承するならば、世界に対するメッセージは
「日本は証拠がなくてもうるさく付きまとわれたら謝罪と賠償をします。」ということです。

アメリカがなんと言っても放置しましょう。アメリカはもう昔のアメリカではありません。力が衰え、(だから中国が平気で東シナ海、南シナ海で暴れまわっているのです。)何を言っても世界がそれほど注視していません。いるのを時々忘れます。
アメリカがやるべきことは、言いやすい国にちまちまとイチャモンつけることではなく、米国内で民族差別を煽る像や碑の設置を認めないことです。
紛争を煽ることを認めないということは当たり前のことなのに韓国の好き勝手にさせています。
日本はおとなしいから、我慢させるのは日本だと思っているんです。こんな国とは今後の付き合い方を考えないといけません。

これからやることは、まず、河野洋平の証人喚問、新しい談話の発表、
日本にいる不法滞在韓国人の強制退去、在日特権(特別永住者資格等)をなくすことです。

そしてそれでも日本への中傷をやめないなら、ビザを厳しくして、地方が韓国に頼らないでやっていけるように国費を投入し、制度を作って韓国離れを促進することです。

それでも変わらないなら、国交断絶してほしいです。←本当は今すぐにでも!しゅく




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター