FC2ブログ

記事一覧

ドイツ:母国が不明のアフリカ人をドイツが国外退去として隣国チェコの16歳少女が残虐にレイプされる

ドイツは他国に第三世界の偽装難民(貧困が理由の不法移民)受け入れを要求し、自国内では国民の犠牲を日々積み重ね、それに飽き足らず隣国へ不良外国人を追放して、そこで隣国の国民までもが被害に遭っています。

まさに、地域の不安定化の張本人、トラブルメーカーのようです。ショック!

 

ダイヤグリーン

 

16歳の少女が残忍にレイプされる事件がチェコのTerezin(テレジーン)で起きました。

(今年6月18日火曜日の午後と思われます)

 

犯人はアフリカ人(写真)で事件当日ドイツのドレスデンの刑務所から釈放され国外退去になっていました。

 

 

被害に遭った少女は病院に運ばれましたが未成年でもありこれ以上の詳細は知らされません。

 

レイプ犯のアフリカ人は身分証明書を持っていません。逮捕された後裁判で最高10年の刑務所行きとなる可能性があります。

 

ドイツ当局は、アフリカ人がIDを持っていないために母国へ送り返すことが出来ないと主張、しかし同時にチェコに追放したのではないと言っています。

 

(上記の地図を見ればわかりますが、ドレスデンとテレジーンは陸続きで92㎞しか離れていません。ドレスデンから国外追放してチェコに行くだろうことがドイツ当局には想像もできなかったのでしょうか?)

 

チェコの内務大臣はどうやって不法アフリカ人がチェコに入国したのかわからないとしています。

チェコは他のV4(ヴィシェグラード・グループ)国である、ポーランド、ハンガリー、スロバキアとともに、欧州に来る不法移民の受け入れを拒絶しています。チェコは安全な国上位10に入っている国です。

西ヨーロッパ諸国と違い、中央ヨーロッパのチェコはこのような事件が普通は起きない国です。

 

この事件はチェコの人々に衝撃を与え分断が起きました。一方はアフリカ人の不法移民が16歳の少女を残忍にレイプした事実に動揺し、もう一方は事実が公表されたことに狼狽しました。

https://www.wvwnews.net/content/index.php?/news_story/16_year_old_czech_girl_raped_by_african_on_the_same_day_he_was_deported_from_germany.html

 

このアフリカ人は裁判所でほとんど話しませんでした。30歳でマリかリビアから来たとみられています。最初は少女への暴行を認めていましたが、最後の方で(答えるのを?)拒否しました。

判事によるとこの男はほとんど話さず、取り調べ中もマリから来たのかリビアから来たのかさえもわかりませんでした。アラビア語と英語とフランス語の通訳が来ましたが、2つの国は、彼が出身地だとした2つの都市がそれぞれの国にあるからです。

 

ドレスデンのあるザクセン警察によると、このアフリカ人は2017年6月に難民申請を却下されました。その後暴力や脅迫で罰金刑になったものの払えず刑務所に入れられていました

釈放後電車に乗ってきたと思われますが、母国が不明なため退去処分になってもまだ退去手続きが取られておらず、どうやってチェコに入ることになったのかわかりません。

https://www.novinky.cz/krimi/clanek/soud-poslal-do-vazby-cizince-obvineneho-ze-znasilneni-u-litomeric-40287320

 

チェコのAndrej Babis 首相は、EUの多文化主義の為ではなく労働力として必要なら移民を受け入れるという方針で、昨年、「アフリカ人移民はいらない。かれらは働きたがらず、社会保障が欲しくて来るだけ。」と発言しています。

また、ヨーロッパはEUの破壊的政策のなか、自らの文化と価値観のために戦わなくてはいけないと述べ、「ここ(チェコ)にいながらアフリカや中東に住むことは望まない。」と発言しました。

 

ダイヤグリーン

 

ドイツは現実から逃避して移民をまだ性善説で扱っているようです。

「合意の上の性行為」と「レイプ」の違いを教える勉強会を移民に提供しています。

彼らのレイプの悪質性と残虐性から、それが犯罪であることは彼らにだってわかるはずです。

それを「知らなかったんだ。ごめんね。教えてあげなくて。」まるでドイツが悪いみたいです。

講習内容も馬鹿みたいで、受講した移民はドイツの間抜けぶりを笑っているでしょう。

 

連邦政府の統計では、2018年の外国人による性犯罪は15%増加しています。2017年には5258件、2018年には6046件で、外国人は毎日16件以上の性犯罪を起こしていることになります。

 

最近も移民少年の性犯罪がありました。(気のせいか以前より犯人の年齢が下にも広がっているような気がします。)

14才のイラク人Hilal S.(写真/Bild)はミュンヘンのプールで13歳の少女を更衣室に連れ込んでレイプしようと暴行して逮捕されました。

このレイプ犯は過去にも窃盗と損害を与えた犯罪歴があり、現在拘留されています。

こんなイラク人が大人になってドイツのためになるんですか?追放しないのが不思議です。

 

また、ヘッセではネットで知り合った男に14歳の少女がレイプされたとして、現在警察は犯人のアラビア風の男を探しています

 

移民に性教育するよりも、国民に特定移民の異常さを知らせた方が性犯罪が格段に減ると思いますが・・・。うーん

 

正気とは思えませんが、この状態がドイツ国民の選んだ道ならば、突き進むしかありません。

自国民より第三世界のならず者の人権が大事なら、ドイツは他国を巻き込まないで、中東とアフリカにチャーター機を毎日飛ばし、大量の第三世界人を直接ドイツに運び、ドイツから出さないようにしたらいいと思います。

 

一人ぼっちじゃありません。スウェーデンなら親友になれそうです。左下矢印

 

 

---------------------------------------------------------------------------

関連過去記事

 

チェコ前大統領:「移民危機」はその他の「○○危機」とは別格、昔の蛮族の侵入に匹敵する!

第三世界からの移民難民に反対するハンガリー、チェコ、ポーランド首相の最近の発言

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター