記事一覧

調理前のお肉を洗わないようにしましょう。菌が飛び散って二次感染のおそれあり。

今日はいつもとは違って、不快な話ではありません。

梅雨に入ってジメジメした日が続いています。食中毒に気を付けましょう。

Food safety: Raw chicken 'should not be washed'
16 June 2014 Last updated at 06:45 BST

私は自分がしないので、こういう人が多いのかどうかわからないのですが、鶏肉を調理前に洗ってはいけない、 という注意喚起の記事です。イギリスの調査では44%の人が調理前に鶏肉を洗っていたそうです。

流しで洗うとその水しぶきが飛んで、手や服、調理器具や調理台について感染が広がってしまうということです。

ちなみに、平成24年の東京都の資料によると、全国の食中毒事例総数は1,100件、
患者数は26,699名(死亡者11名)です。

事例数を原因物質別に見ると、細菌性食中毒は419件、患者数は5,964名で、
一方、ウイルス性食中毒は432件、ほとんどはノロウイルスで、ノロウイルスによる食中毒は、
患者数17,632名でした。

細菌性とウイルス性でほとんどの食中毒を占めますが、それらのほかには、フグやキノコ、化学物質などがあります。

そして今回のイギリスでの注意喚起はカンピロバクターへのものでした。
実は日本での平成24年細菌性食中毒の原因菌別の第1位はカンピロバクター266件(24.2%)で、以下、黄色ブドウ球菌44件(4.0%)、サルモネラ40件(3.6%)、ウエルシュ菌26件(2.4%)、~以下省略~と続きます。

食品加工の段階から衛生管理をしていますが、主に鶏肉に菌が付くようです。
そして、農場や食肉処理場、肉の部位により様々ですが、20~100%感染しているようです。

しかし、この菌は過熱することで簡単に死滅させることができるので、危険ではありません

具体的には、
(1)食肉は十分に加熱調理(中心部を75℃以上で1分間以上加熱)を行う、
二次汚染防止のために
(2)食肉は他の食品と調理器具や容器を分けて処理や保存を行う、
(3)食肉を取り扱った後は手を洗ってから他の食品を取り扱う、
(4)食肉に触れた調理器具等は使用後洗浄・殺菌を行う、となっています。
カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)参照)

イギリスでの注意喚起はこの二次感染のことで、肉を洗うことによって菌を拡散させてしまうことをやめましょうということです。

私は自分の調理で食中毒はありませんが、外食で2度あります。酷い目に遭いました。ガクブル
見えないとなにされているかわからないなと思っています。

カンピロバクターに限らず、その他の菌やウイルスによる感染にも気を付けてください。

害になるものを広めない。
害になるものを放置せず、その都度除去することで他への汚染を防ぐ。

あれ~食中毒でなくて、害になるプロパガンダにも当てはまっちゃいますね!
やっぱり皮肉を言わずに終わらせることは出来ませんでした。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク