FC2ブログ

記事一覧

犯罪者天国日本!刑法犯で検挙の3割が微罪処分、残りも6割が不起訴、どちらも前科はつきません!

日本では緊急時の正当防衛などを除いて、自力救済(【法】 権利が侵害される場合に、司法手続きによらず直接自らの力で権利を確保すること。自救行為。-大辞林)は原則禁止されています。

 

だから警察にお願いしているのに、どうしたことか罰せられず、回転ドアから放免されます。

 

刑事事件で警察が検挙したあとどうなるのでしょうか?

 

検察官が指定した犯罪は警察の段階で微罪処分として放免でき、それが大体3割です。

 

残りを検察に送致します。しかし、その6割が検察官の裁量で不起訴になります。

(微罪処分も不起訴も前科がつきません。)

 

不起訴には次の3つの理由があります。

嫌疑なし/嫌疑不十分/起訴猶予

 

統計全体では不起訴の内、起訴猶予が9割です。

起訴猶予とは、起訴をすれば有罪は確実だが諸般の事情で起訴しないことを言います。

 

以下は、警察が検挙したのに検察官の裁量で不起訴になった最新1か月くらいの報道です。

 

ダイヤグリーン

 

因縁をつけ暴行した49歳の中国人ら男2人が不起訴

49歳の中国人の男性ら2人は4月、江戸川区の路上で通行人の男性の顔を殴り、腹を蹴るなどの暴行を加えて全治約1週間のけがをさせた疑いで警視庁に逮捕されました。東京地検は7日付で2人を不起訴処分としました。処分理由については明らかにしていません。49歳の男性は、警視庁の取り調べに対して「酒を飲んで覚えていない」などと容疑を否認していました。

 

女性にわいせつ行為の疑いで逮捕の積水ハウス元社員、不起訴

今年1月、東京・世田谷区のカラオケ店で女性にわいせつな行為をしたとして、大手住宅メーカー「積水ハウス」の元社員の男性が警視庁に逮捕されたものです。東京地検は、この男性を不起訴処分としました。東京地検は、不起訴処分にした理由を明らかにしていません。
男性は逮捕直後、「自制心がきかなかった」と容疑を認めていたということです。

 

歌舞伎町で恐喝未遂男を不起訴

歌舞伎町の路上で、知人男性に暴行を加えて金を奪おうとしたとして逮捕された21歳の男が不起訴処分となりました。

 

酔った男性から財布盗んだ疑いで逮捕の中国籍の女性ら2人、不起訴

去年6月、台東区上野の路上で酒を飲んだ帰りに友人と歩いていた男性に「飲みましょう」などと声をかけ、隙をみて現金およそ19万円などが入った財布を盗んだとして、飲食店店長の女性(51)と店員で中国籍の女性(41)が窃盗の疑いで警視庁に逮捕されたものです。東京地検は、この女性2人を不起訴処分にしました。
 2人は防犯カメラの捜査で浮上しましたが、逮捕直後いずれも容疑を否認していました。東京地検は処分の理由を明らかにしていませんが、嫌疑不十分とみられます。

 

強制性交容疑で逮捕の朝鮮籍30代男を不起訴

新宿区のホテルの部屋で去年12月、30代の朝鮮籍の男性が女性をホテルに無理矢理連れ込み性的暴行を加えたとして逮捕されましたが、東京地検はこの男性について、先月31日付けで不起訴処分としました。

 

75歳名古屋の男性、不起訴 妻殴り傷害容疑

無職男性(75)は5月上旬ごろ、自宅で妻の顔を殴り、鼻の骨を折るなどのけがを負わせたとして、5月16日に逮捕された。妻は同日、搬送先の病院で死亡した。男性は殴ったことを認めたものの、地検は解剖の結果などから、男性がけがを負わせたとする証拠が不十分で、けがと死因は結び付かないと判断したとみられる。


拳銃所持の映画監督不起訴 静岡地検沼津支部 

静岡地検沼津支部は24日までに、拳銃1丁を所持したとして銃刀法違反容疑で逮捕された豊田利晃映画監督(50)を不起訴処分とした。23日付。理由は明らかにしていない。
豊田監督は4月18日、東京都狛江市の自宅で回転弾倉式拳銃1丁を所持したとして静岡県警に現行犯逮捕され、同支部が同月26日、処分保留で釈放していた。

 

行政書士を不起訴、地検 在留資格不正取得の疑い 

東京地検は15日、虚偽の書類を作成して外国人の在留資格を不正取得していたとして、入管難民法違反(虚偽申請)容疑で逮捕された神奈川県藤沢市の行政書士の男性(60)を不起訴処分とした。地検は詳しい処分の内容や理由を明らかにしていない。

 

米軍犯罪8割超不起訴

日本で昨年発生した米軍関係者による一般刑法犯の起訴率が約14・5%にとどまり、8割超が不起訴処分になっていることが、日本平和委員会が情報公開で入手した資料で明らかになりました。全国での一般刑法犯の起訴率(2017年)の37・4%と比較して大幅に低下しています。

米軍関係者による一般刑法犯は起訴9件に対し、不起訴が53件に達しています。
 暴行、強制性交、詐欺などは、いずれも起訴率が0%、窃盗は起訴1件に対し不起訴27件でした。また、自動車による過失致死傷・過失運転致死傷は起訴16件に対し不起訴205件でした。

 

催涙スプレーまいたとして逮捕された男性 不起訴処分に

47歳の男性は、4月29日、越谷市の「イオンレイクタウン」で催涙スプレーをまき、女性に軽傷を負わせた疑いで逮捕されていた。
さいたま地検は、5月20日付けで男性を不起訴処分にした。理由は明らかにしていない。

 

購入していない商品の返品求め現金詐取の疑いで逮捕の男性、不起訴に

去年6月、東京・渋谷区のコンビニエンスストアで携帯電話用の充電器を購入したように装い、店員に返金を求めて現金およそ7000円をだましとったとして、30代の塗装工の男性が詐欺の疑いで警視庁に逮捕されたものです。
 東京地検は、この男性を不起訴処分にしました。男性は逮捕直後、「金が欲しかった」と容疑を認めていたということです。

 

通行の邪魔と立腹…規制庁職員、バイク座席切り付けで書類送検されるも不起訴処分に

原子力規制委員会は11日、原子力規制庁法務調査室の60歳代男性職員(課長補佐級)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にしたと発表した。
 規制委によると、職員は昨年10月24日夜、東京都練馬区の路上に駐車されていたバイクの座席をカッターナイフで切った。他にも2回、バイクの座席を切っていたことが判明し、器物損壊容疑で書類送検され、5月16日付で不起訴処分となった。
 職員は規制委に、「バイクが歩行者の通行の妨げになっていることに腹が立った」と話しているという。

 

あおり運転し暴行 逮捕された男性(83)を不起訴処分 名古屋地検

名古屋市緑区に住む無職の男性(83)は今月16日、緑区の路上で、あおり運転の末、前方を車で走っていた男性(43)の腕を護身用に持っていた金属製のワイヤで殴るなどの暴行を加えた疑いで逮捕され、暴力行為等処罰法違反容疑で送検されていました。
 この男性について、名古屋地検は27日付で不起訴処分としました。不起訴の理由については明らかにしていません。
 逮捕後の調べで男性は「何台も道を譲るので頭にきた」などと容疑を認めていました。

 

無許可で畳900枚“処分” ブラジル人女性を不起訴

群馬県大泉町に住む51歳のブラジル人の女性は、去年4月、無許可で畳およそ900枚の処分を請け負ったうえ、東松山市の空き地に運ばせたとして、廃棄物処理法違反の疑いで警察に逮捕されました。 
 さいたま地検は、この女性について24日までに不起訴処分としました。さいたま地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

 

殺人容疑の男性、不起訴=さいたま地検

埼玉県川口市で、隣に住む無職石井丈士さん=当時(64)=を殺害したとして、殺人容疑で送検された男性(50)について、さいたま地検は21日、不起訴処分とした。処分の理由は明らかにしていない。

 

傷害容疑で逮捕の男性を不起訴処分 大津地検

大津地検は4日までに、傷害の疑いで逮捕された大津市の男性(38)を不起訴処分にした。地検は「責任能力を問えないと判断した」としている。処分は3日付。
 男性は5月5日、路上で女性をいきなり殴って軽傷を負わせたとして逮捕された。また同24日に別の傷害容疑で再逮捕された。

 

千代田区でハイヤー盗み当て逃げした疑いで逮捕の男、不起訴に

4月16日千代田区の路上でハイヤーを盗み、渋谷区内でタクシーに衝突した後、逃走を続け、川崎市多摩区の東名高速道路でタイヤがパンクして停車、逮捕された男が不起訴になりました。男は容疑を認め、「金がなく車でも盗もうと思った」などと話していました。

 

詐欺疑い中国籍男性を不起訴

高齢女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとして逮捕された中国籍の男性について、東京地検は不起訴処分にしました。
 東京・江戸川区に住む中国籍で貿易会社代表の男性は、去年9月、東村山市に住む70代の女性からキャッシュカードなどをだまし取り、現金を引き出したとして、警視庁に詐欺や窃盗の疑いで逮捕されました。東京地検は31日付けで、この男性を不起訴処分にしました。

 

※いくつかの報道はもう削除されてしまっていますがびっくり リンクはそのままにしてあります。

 

ダイヤグリーン

 

まだありますが、これらは特別な例ではなくて、氷山の一角です。ポーン

 

法務省から出ている「平成30年版 犯罪白書」の最後の資料編「資料2-3 検察庁終局処理人員(罪名別)」を見るとわかりますが、その一部を貼り付けます。

 

H29年を見ると・・・

放火起訴が260件、不起訴が479件、有罪が確実なのに起訴しない起訴猶予が108件!

殺人起訴が325件、不起訴が809件、有罪が確実なのに起訴しない起訴猶予が41件!

凶悪犯罪でこの有様です。ポーン

 

 

2013年の弁護士ドットコムに記事がありました。左下矢印

https://www.bengo4.com/c_1009/n_623/

 

起訴するかどうかは検察官に裁量があります。

どうして不起訴理由を言わないのか2つの理由を推測していて、被害者への配慮(被害者が怒るということ?)と、他の同様の事件への影響ではないかということでした。

しかし、不起訴の理由を言うべきで、それも言えないなら「言えない理由」くらいは検察が公表すべきだと書かれていました。

 

このような状況ですから、不起訴を勝ち取ることが前科者になるかどうかの分かれ目となっています。ですから弁護士さんたちは裁判で勝つ(起訴されると有罪率99%以上)よりも、検察官の裁量で決まる不起訴を勝ち取りましょうと宣伝をしているようです。当然そうなるでしょうね。

しかし、その前の警察段階での微罪処分を勝ち取ることが最速の釈放です。

 

最近書いた記事に、スウェーデンは700円以下の窃盗、5万5千円以下の詐欺は捜査しないとか、英国が8千円位の被害では捜査しないということを書きました。

 

しかし、日本は2万円以下くらいの被害なら微罪処分で警察が放免できるようです。

スウェーデンや英国の、捜査しないよりはマシで「前歴」は残りますが。(前科はつきません)

  • 被害が軽微か  被害額は,「おおむね2万円まで」が軽微
  • 犯罪に至る事情(犯情)が軽微か
  • 被害の回復が行われているか
  • 被害者が処罰を望んでいないか
  • 素行不良でなく偶発的か

右上矢印弁護士法人中村国際刑事法律事務所HPより

 

別の弁護士さんが微罪処分は、逮捕後の最速の釈放|微罪処分となるための基準という記事を出されています。冒頭にこう書かれていました。

現在、日本では年間150万件前後の犯罪が起きています。これは、日に換算すると、1日4000件以上もの犯罪が起きていることになります。

 

なんだか今回の記事は犯罪者を利する内容になってしまっているかもしれませんが、日本の治安が良いというのは幻想ではないか、というのが言いたかったことです。

 

天災など、ひとたび警察機能が麻痺すると、治安維持は民度だけが頼りです。

いつの間にか私たちの社会は犯罪者が罰も受けずに徘徊するような恐ろしい国になっていたのです。

 

ロシアンルーレットはこれらの犯罪だけでなく交通関係でも流行っています。

クリップ「クルマで街を徘徊する老人がウヨウヨいる」 無防備な庶民には危険だらけです。注意

 

間断なく続く幼児虐殺動物虐殺という一番卑劣な犯罪、それに対して公権力は驚くほど対応がのろく、裁判所の刑は驚くほど軽く、不公平と不条理が積み重なっています。

やれることがたくさんあるのに的確に政府は対処できていません。

法があっても裁判官が言い渡す量刑が求刑より軽いのが当たり前のようになっています。

 

異常者の人権を守るため、彼らのうっぷん晴らしに、多少の犠牲は必要だと為政者が考えているのではないかとさえ思えてきます。ムキー もちろん犠牲になるのは庶民です。

 

毎朝日が昇ると仲間が減っているサバンナの草食獣になれ、と言われているようです。えーん

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

わんわん起訴、不起訴の解説は以下に紹介する弁護士さんたちのサイトでご覧ください。

クリップ刑事事件の不起訴率は高い?早めの弁護士相談で前科を防ぐ

クリップ刑事事件の有罪率は本当に99.9%なのか?|統計からひも解く日本の本当の有罪率

クリップ「有罪率99%以上」の背景


 

 

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター