FC2ブログ

記事一覧

ドイツ:難民に殺された女性の哀悼式を行っていた教会に「アラー・アクバル」と叫ぶ男が乱入!

3月6日水曜日、ドイツのヴォルムスで、21歳の女性Cynthia R.さんが両親の自宅で刺されて殺されました

逮捕された加害者は難民申請を却下された22歳のチュニジア人、Ahmed T.です。2人は以前付き合っていたということです。

助産師になりたいと勉強していた被害者の女性は、首、背中、肺、手など10カ所以上も刺されていました。

(Ahmed T.とCynthia R.さん Bildから写真引用)

 

容疑者のチュニジア人は、2017年10月にドイツにやってきて難民申請をしましたが却下されて、“難民”ではないが滞在を許可された状態でした。

当局によると、今年強制送還が予定されていましたが、失踪していたということです。

 

捜査員によると、チュニジア人Ahmedは前科があり警察に知られた人物でした。

犯罪には薬物、脅迫、威嚇、暴力を含み、昨年は窃盗で3週間服役していました。

 

3月9日土曜日、多くの人々がCynthiaさんの死を悼むために集まりましたが、厳粛な葬式は、「アラー・アクバル」と叫んで乱入した29歳のパキスタン人移民によって中断されました。

警察が逮捕しましたが、動機は不明です。

 

葬式の前に500人の参列者が行進し、彼女の両親の家にはたくさんのキャンドルが灯されました。矢印

 

AfDがサイレント・マーチを企画しましたが、それに対して左派SPDのMichael Kissel ヴォルムス市長は、行進を止めるよう求めました

 

別の左翼である「ナチス行進反対同盟」は、殺された人を悼むサイレント・マーチに対抗するために、無言の抗議を呼びかけました。彼らに言わせると、殺された人のためのサイレント・マーチは、更なる反外国人、反難民の感情のために利用されることがほとんどだからだということです。

 

似たようなことは、アフガニスタン人に殺されたMiaさんの追悼行進を行ったカンデルでも起きました。追悼行進に左翼グループが抗議に押しかけ、騒動が起きています矢印

 

ドイツでは、難民や移民によって殺された人の追悼を行うと、左翼が抗議行動をとることが普通になってきました。ゲッソリ

https://www.breitbart.com/europe/2019/03/12/failed-asylum-seeker-accused-fatally-stabbing-young-german-girl/

https://voiceofeurope.com/2019/03/man-screaming-allahu-akbar-at-mourning-service-of-the-victim-of-a-rejected-asylum-seeker-causes-panic/

 

四角02

 

難民や移民に国民が殺されるという事件はドイツではもう驚くことではありません。

前科者の犯罪移民が自由に徘徊しているのも当たり前です。

ですから、それだけでは最近は取り上げていません。

 

今回私が恐ろしいと思ったのは、殺された人への哀悼の場を、移民賛成の地球市民過激派は冒涜していいと考え、その通り行動していることです。

「アラー・アクバル」と叫んで乱入したパキスタン人はムスリムに頻発する精神疾患でしょうか?意味不明の余計者ですが、リベラルの常軌を逸した過激ぶりも宗教じみていて恐ろしいばかりです。

 

亡くなった人を悪く言いたくありませんが、殺された女性は、私から見るとよくこんな犯罪歴の多い外国人と付き合っていたなあと呆れます。しかし、私と真逆の地球市民だったはずです。多文化主義者たちの仲間で、その教義を実践していたわけです。地球市民は仲間に冷たいですね。まあ、左翼は昔からこういうところがありました。

 

多様性を押し付ける彼らは、「均一な人たちと一緒に安心して国を維持していきたい」という意見が、多様な意見の1つであることを認めません。

多様性を唱える人たちは、非現実的な多文化共生主義しか認めない全体主義者です。

そして、地球市民がしていることは、多様性の元となる民族集団の破壊です。

 

目的が国民の安心安全ではないために、国民の安全を求めて声をあげる人を罵ります。

日本にもいますね。北朝鮮に拉致された被害者のご家族を誹謗中傷する人たちが。

 

国連がどうして役立たずになるしかないのか、それが理解できれば国の中に地球儀を押し込めることがどういう結果になるのか想像できると思います。

 

責任の無い野党国会議員という特権階級に満足し、国民を自民党に向かわせる最強の自民党応援団で自民党と方向性を同じくするリベラルな野党、そのおかげで、安倍首相が何でも好き勝手しています。だから一見国の力が強まっているように感じるかもしれません。しかし、安倍首相は自分に権力を集中させているだけで、その強権を使って国そのものの力を弱めている最中なのです。私たちの国だったものが、安倍さんの私物になったわけです。

安倍首相だけの責任ではないです。安倍首相を支持する国民が後押ししています。パンダ残念

 

国境を無くそうとする人の方が国境を守ろうとする人よりも自然と世界に目が行きます。

そのためか、リベラルの方が世界で起きている先行事例を知っています。対策も立てます。

保守層は外に目がいかず、その分情報弱者で騙されやすく、またすべてが後手に回ります。

 

ここで紹介したようなリベラルによる常軌を逸した言論や行動がこれから日本でも増えます。

その時に、私たちの支えであった日本という国に、もうあなたを守る力はありません。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター