FC2ブログ

記事一覧

オランダ:ロッテルダムのムスリム市長「私はサラフィ―主義者だ。ムスリムはみんな、多少はそうだ。」

英国にあるロンドニスタンは市長がムスリムでトランプ嫌い、トランプ大統領の訪英反対の気勢を上げています。 オランダにもムスリム市長がいます。第二の都市ロッテルダムです。その彼は、オランダのラジオ番組のインタビューで、人々を困惑させています。 Muslim mayor of second largest Dutch city says he’s a Salafist, “every Muslim is a bit of a Salafist”(By Pamela Geller - on December 29, 2017)https://...

続きを読む

多文化共生できる?パキスタン人はニワトリを/モロッコ人はロバを/シリア人難民はポニーを『レイプ』

多文化共生は道徳心を下げ弱者を見殺しにする言い訳にもなるレベルを下げる多文化共生は断固拒否! 個人単位での多文化共生を「善」だと洗脳されていると危険です。同じ集団が国として別れて住むことが個々の文化を保ち、多様性を守ります。国境を無くして一緒に住むと弱肉強食のカオスを作り、地球上から多様性は無くなります。 日本人は迷惑者の外国人に対して、「外国人だから知らなくて仕方ないよ」といって許容した...

続きを読む

ドイツ:自国民が貧困化、過去に入れた移民は仕事が無くても居続け、大多数の難民申請者が無職。

以前三橋氏がブログでこう書いていました。 Newsweekが、移民問題について「移民は「勤勉な労働者」か、それとも「怠惰な居候」か」という、移民反対論を皮肉る記事を書いていましたが、わたくしに言わせれば移民は「勤勉な労働者」であってもダメなのです。理由は、国民の実質賃金を引き下げ、生産性向上の機会を奪うためです。 ドイツは西ドイツ時代に単純労働者としてトルコ人を入れ始めました。ワクチン接種を受...

続きを読む

エジプト:ムスリム暴徒が教会を襲撃/ナイジェリア:クリスマスを祝うクリスチャンが襲撃される

長らくお休みしておりました。また、ぼちぼち、ひっそりと再開しようと思います。 世界中でどういうわけかイスラム教徒のロヒンギャ難民を擁護するメディアの声が大きくなっています。最近ではこんなものもありました。ミャンマーにある「信じられない」看板 反イスラムが消えない理由 「モスクだ、壊せ!」数千人集まる(2017年12月25日livedoor)これは撮影用の建物をモスクと勘違いした住民たちが壊したということで、動画も...

続きを読む

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはアメブロ版(お気に入りから行けます)のバックアップでコメントは受け付けていません。

操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター