記事一覧

ノーベル平和賞をもらったからといって国が守れるわけでも何でもない!by丸山和也議員

参議院で、丸山和也議員が意見を述べています。全部で7分間ほどの動画です。途中で「妄言」を言う人(反日家から絶大な支持を集める有田ヨシフ議員)が出てきますが、そこは聞いても為にならないと思います。<丸山議員の主な発言>(憲法について)自分の国は自分で守るという固い気概みたいなものが無い。(1分10秒頃)強い国民がなければ強い国家もない。例えば(9条が)ノーベル平和賞をもらったからといって国が守れるわ...

続きを読む

攻撃されることへの慣れ、公的機関が守ってくれない現実への慣れ この2つの作用で社会が崩壊を始める

攻撃されることへの「慣れ」  と  公的機関が守ってくれない現実への「慣れ」どういうことを言っているのかというと、攻撃されることとは例えば以下のようなことです。■領土でいえば、終戦時の北方領土は除いて竹島が略奪されました。韓国の卑怯な手口です。■尖閣を狙われて日常的に領海侵犯を繰り返されて、今は漁民(?)が小笠原にまで押し寄せています。■沖縄の領土上空にADIZ(防空識別圏)を設定され、それも飛行の許...

続きを読む

日本の政権与党は自民でも公明でもなく、「日韓議員連盟」! 議連の共同声明は国賊もの!

日本では政策の違いで政党が違うのだと思っていると騙されます。(次世代の党は政策が保守だと今のところ思っていますが)政治家個人と所属政党が違うことを言っていること多くないですか?日本を長年牛耳ってきたのは表の政党ではなくて、裏で横断的につながっている「日韓議員連盟」です。10月25日に日韓議員連盟が共同声明を出しています。(山田宏次世代の党幹事長のFBより)上記声明文を見てみます。1 日韓両国が、自...

続きを読む

オーストラリアがエボラ流行国からの入国制限。当事国、アムネスティ、バン国連事務総長が批判!

前回の記事に関連しています。オーストラリア、エボラ熱流行国からの入国を制限 2014.10.29 CNN(CNN) オーストラリアのモリソン移民・国境警備相は27日、同国がエボラ出血熱の流行国からの入国を厳しく制限し、査証(ビザ)申請の受け付けを停止したことを明らかにした。モリソン氏は議会での質疑応答で、政府は人道支援活動も停止していると述べた。オーストラリアの永住権を持つ人が流行国から渡航する場合は出発前...

続きを読む

エボラ 医療スタッフ帰国後の隔離を非難する無能コンビ、オバマ米大統領と潘基文国連事務総長!

-------------------------------------------------お知らせ他の方の共感したブログ記事を4分野に分けて、題名(リンク付)を列挙することにしました。サイドバーのテーマから見ることができます。サイドバーの自分の最新記事に入らないよう投稿日を過去に固定しています。今までメッセージボードに掲載していましたが、毎日消すのでもったいないと思い、自分の書庫というイメージで作りました。-------------------------------...

続きを読む

日本の人口は本当に少ないのか?減ることは悪なのか?長い目で見ることが必要ではないか?

前回はフランスの少子化対策関連でしたが、果たして日本は本当に人口が少ないのかということを考えたいと思います。まず、日本の適正人口がいくらか考えなくてはいけないのですが、政府は社会保障費(特に年金)が膨れ上がることを人口増で対処しようとしているようです。しかし、担い手を増やさないとそれは出来ません。子供をたくさん産んでも、大人になって納税をしない人、それどころか生活保護受給者やもっとひどい犯罪者にな...

続きを読む

海外在住日本人が居住国から手当をもらい誉める事は、在日外国人が日本の各種手当を貰い誉める事と同じ

前回マタハラの裁判について書いたので、その関連から。よく日本ではフランスが手厚い子育て支援をするから出生率が回復したと褒めちぎる人がいるので、その件で思ったことを述べてみます。No.872 フランスに学ぶ子育て支援http://blog.jog-net.jp/201410/article_6.html(国際派日本人養成講座 さんのブログ)の記事の中で、フランスに暮らす日本女性から、いかにフランスの子育て支援策が充実していて、女性の社会進出にも法律...

続きを読む

「妊娠降格は原則違法」の最高裁判断と派遣法改正で、得をするのは企業と人材派遣業。

妊娠降格、原則違法 「承諾」「特段の事情」必要 最高裁初判断 産経新聞 10月24日(金)7時55分配信妊娠を理由に降格されたのは男女雇用機会均等法に反するとして、広島市の病院に勤めていた理学療法士の女性が運営元に約170万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は23日、「妊娠中の軽い業務への転換を契機とする降格措置は、女性が自由意思に基づき承諾しているか、業務上の必...

続きを読む

欧米はシリアやイラクを破壊して何がしたかったのか?現状を見ると欧米こそが諸悪の根源にみえるけど。

自国内に売国奴が跋扈しているなかで、遠くの国にまで思いを馳せることはなかなかできませんが、自分たちを守るために参考になることは多々あります。■□■□■□■□■□こんな報道がありました。(こちらには残酷なシーンはありません)Man, woman stoned to death for adultery in Syria: monitor  (シリア国内、男性1人、女性1人が姦通罪で石打の処刑)Reuters By Rasha Elass  October 21, 2014 10:39 AM Yahooイスラム武装集...

続きを読む

知られざるアイヌの真実Night in サムライバー ④ 補足 配布資料解説

前回の続き、④ 配布資料解説です。 動画はこちらからhttp://www.youtube.com/watch?v=nY3c7Czr9qo---会場で配られた資料についての説明です。---砂澤陣氏これは自分と小野寺道議が不正追及したことに対して、アイヌ協会副理事長がアイヌ協会に出した弁明書の写し。三役のあるご夫婦が修学資金をいくらとったんじゃないかとか、これは実際事実。北海道アイヌ協会札幌支部が今後の組織運営で何を主軸として話し合っていくかという...

続きを読む

プロフィール

nasturtium123

Author:nasturtium123
こちらはバックアップ用でコメントは受け付けていません。
アメブロ版(お気に入りから行けます)へお願いします。
操作未熟のため失礼があるかもしれません。<(_ _)>

FC2カウンター

お気に入りリンク